データ修復の方法

PC

データ修復は誰しも持っている大切な写真や動画、音楽ファイルなど、大切なデータを取り戻す手段であると思います。データ修復を行わなくて済むために、一番大切なのは日頃のデータのバックアップを取ることです。

»詳しく見る

修理を定期的に行なおう

PC

hddは非常にデリケートなものです。記録されているデータは誰にとっても重要なものですから、トラブルが発生したらすぐに復元の専門家にお願いしましょう。その時になって慌てないように日頃からトラブル対処の準備は必要です。

»詳しく見る

sdカードのデータ

PC

sdカードのデータ復元、諦める前に少しだけ試してみると可能性があるかもしれません。ただきちんと対処したいのであれば、専門の業者に依頼して解決するほうがいいでしょう。

»詳しく見る

失われたデータを回収

データレスキューセンターの利用方法

PC

壊れたハードディスクに保存されたデータが必要な場合には、データレスキューセンターのサービスが便利です。データレスキューセンターは最新のハードディスクにも対応できるように、サービスの提供と研究を並行して進めています。一世代前の記憶媒体は内部構造が全く違うケースもあるため、スタッフの知識量はサービス内容に直結するのです。 データレスキューセンターは郵送対応を行っています。利用者はパソコンからハードディスクを取り外し、データレスキューセンターへ送る事でサービスを利用できるのです。修理原因が判明したらデータレスキューセンターから見積もりが提示されます。記載されている条件に同意できる場合は、ユーザーからゴーサインを出す事で修復が実行されるのです。

データ復旧サービスは値段が高い

問題はデータ復旧に必要な料金が高めに設定されている点です。これはデータレスキューセンター以外の復旧業者も同様であるため、データ復旧サービスの利用者は企業が大多数であると言われています。企業の使うコンピュータは貴重なデータを取り扱うケースが多いため、記憶媒体が壊れた時のダメージが大きいからです。 よってデータ復旧を行う前に保存されている情報について、考えを巡らす事が重要だと言われています。サービスの実行に必要な支出とデータの持つ価値が釣り合っていなければ、高い料金を支払ってまで仕事を依頼すべきだとは限らないからです。逆に失われた情報がサービスの利用料金を超越する価値を持つなら、データ復旧を依頼すべきだと言えます。